ベストロボット100 2022

ベストロボット No.39

ロボット導入で生産革新を 株式会社クツザワ

事業概要

製品の開発・設計・部品製造・組立とすべての作業を弊社主導にて対応しております。

ロボットは驚くほど忠実にお仕事を実行します。照明も必要なく、与えられた時間ひたすら作業が終わるまで働き続けます。

所在地 〒019-0701
秋田県横手市増田町増田字館花20番地1
企業URL http://www.kutuzawa.co.jp/index.html
導入事例

まずは人と機械の作業時間を分析し効率化できる部分に対し、作業が速い従業員の仕事を全員が標準的にこなし効率を上げる標準化をすすめ、その後、標準化を機械作業化する治具化、そして一定の作業を自働化するための自働機やロボットの導入といった3つの段階に分け、ニーズに合わせた提案をおこなっております。

タッチパネルで「お酌をする」を選択すると、動き出すロボット!
一升瓶を酒瓶のケースから酒瓶の棚に移す動作、お酌をする動作 と、しなやかな2つの動きを見せてくれます。

いかに短納期対応ができるか日々改善に取り組まれています。

作業時間の分析により、一人一個流しによる効率化や治具の改良による作業時短など、改善を積み重ねてきた結果、自動化やロボットの導入も進み、より効率良い生産が可能となっています。

現在は最短2時間で発送までを完了させられる強みも持っております。

株式会社クツザワ 代表取締役社長  沓澤 淳利 様

1クツザワさんの強みを教えてください。

「クツザワは、部品の加工からスタートし四十数年 取り組んできた会社です。部品の加工を活かして、電気、機械の設計からの部品の組み立て、ロボットの動きを作るテーチングと云う作業までワンストップで社内でできる強みを活かしてロボットが完成しています」

2自社でどこまで対応可能でしょうか?

部品加工については、鏡面研削によるサブミクロン対応可能、表面処理(カニゼン、アルマイト、黒染め)や焼入加工から溶接も社内で行っています。

3先ほどのお酌ロボットについて詳しく教えてください。

一升瓶を瓶ケースから使用品展示棚へ移す作業とグラスに注ぐ作業、二つを両立するハンド設計をしました。お酌ロボットで取り扱う一升瓶の、形状、重量、強度などを分析して設計を行い、狭いケースや棚に一升瓶を出し入れするスリムなハンドにしました。また、両手で瓶を支える包み込むようにグリップを調整しました。さらに、停電しても瓶を落とさない安全な仕組みを確立しました